夢―②

永~い一日が終わり、ホテルにチェックインしたのが現地時間の23:00=日本時間(AM4:00)
 外は未だ薄明るいし、機内で2度も食事を取り、モスクワに着いてから「ペリメニ」と言う、水餃子の様なものに「スメタナ」と言うサワークリームをつけて食べたので、昨日は4~5食、食べた事になるから、痩せる訳がない?(笑)

2日目は世界遺産に登録されているクレムリン観光:ウスペンスキー寺院に行く為、AM9:00ホテルをスタートした。

画像


 この寺院は14世紀に建立された、ロシア正教の総本山で有り、クレムリンでも最も重要な教会とされている。
 ちなみに「ウスペンスキー」とは「聖母の昇天」を意味し、ロシア革命以前には皇帝の戴冠式や結婚式、国の重要な儀式が執行されていたそうです。


画像



寺院に入ってまず目に入って来るのが16世紀に造られたと言う、当時北欧最大の大砲。
重さが40tあり、玉の重さ1t、一度も打たれた事が無かった事は喜ばしい限りだ。


画像


18世紀に造られた世界最大の鐘は鋳造中に火災に遭い、水をかけられた為欠けてしまった。


画像


此処でもマロニエやライラックが満開に咲いていた(画像をクリックして・・・・)


画像




寺院の中は撮影禁止なので残念ながら有りません。
会場を後にしようと出てきたら・・・パレードが始まって居たがはやる気持ちを抑えて集合場所へ!

しかし、ツアー客の中の一人参加の女性の姿が見当たらない

添乗員さんがあちらこちら走り回っても一向に帰って来る気配がない!

パレードが終わりに近くなる頃、やっと探し当て戻って来たが、本人は涼しい顔!
かなりの年配者だったが非常識極まりない!

こんな事だったら最初からパレードもプログラムに入れておけばよかったのに!

画像




この後、やはり世界遺産に登録されている「ノヴォデヴィッチ修道院」へ向かった。

画像


此処は1524年創設の女子修道院で、その城塞の外に池が有り、チャイコフスキーが此処で「白鳥の湖」の着想を得たと言われ、トルストイも此の地をこよなく愛したそうです。



画像


市の西南のモスクワ川が大きく湾曲している丘を「雀が丘」と言い、モスクワ大学の新校舎が聳え立っています。其処からはモスクワ市内が一望でき、ソ連時代はレーニン丘と呼ばれ、マトリョーシカ&得体のしれない骨董品を売っているお土産やさんが沢山出店して居た。

画像



画像




今日の昼食はロシア料理の中でもお馴染みに「ボルシチ」、これにも「スメタナ」を加えて頂くらしいが余り好物ではなかった。

画像



この後、サンクトペテルブルグに移動するので空港に向かった。
モスクワからサンクトペテルブルグまでの飛行時間は約1時間30分だが、搭乗手続き等、
実際に飛行機が離陸したのは16時25分だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

風の旅人
2010年05月23日 21:23
ツアー客の中には時間を守らない人が、時たま見かけます。
最初の休憩場所からお土産をあさっている。
買うなとは言いませんが、最初の日から土産買って邪魔にならないのかなあと思っちゃう。
団体行動だけに一人の不心得者が、他の人に迷惑をかける事を知って欲しいものだ。

海外旅行は体力勝負ですね。
移動距離も半端じゃない。
早朝出発や深夜到着も当たり前。
疲れは出ませんでしたか?

見たことのない風景だけに、写真を撮りだしたらきりがないなあ
メモリや充電は大丈夫だった?
途中で・・・と言うことはよくある話です。
愛ちゃん
2010年05月23日 22:47
風の旅人さん:今晩は!
あの時は本当に頭に来たわ!
かなり旅慣れて居るような事を言って自慢して居たのに?
宮殿の前で着物姿の写真を撮りたいとか言って、ツアーに参加したけど、皆と行動を一緒にしないで待っていたり馬鹿みたい!

海外旅行は深夜到着なんて良くあるけど、年々疲れが出て来ますね?

カメラは何時も2台持って行き、メモリーもバッテリーも余分に持っていきます。
途中で切れたら悲惨だものね?
2010年05月23日 23:16
愛ちゃん、こんばんわ!怖わあ~い!この大砲!!!
愛ちゃんって姿を見ないと思ってると海外に行ってるんやね。
私は愛ちゃんの写真で想像するしかないわ。。。
今日は雨になっちゃって残念。。。宮崎の口蹄疫の消毒剤などに影響ないのかしら・・・ってとっても心配だよ。
2010年05月24日 00:22
あー、いるいる。必ず一人や二人はいますよ。それもほとんど女性。
本当は自分たちも見たいのにパスして来たのですからねえ。それを待たされたら見た方が良かったって気分になりますよね。時間までに戻らなければ放置すればと思ってしまいます。自己責任ですからね。でももしかして事故でもと思うから、それもできないのですよね。参加者はそれを肝に銘ずべしです。
それはそれとして、挿すがロシア、スケールがでかいですねえ。
食事は口に合いませんでしたか。
2010年05月24日 05:15
 世界遺産に登録されている寺院を見てこられましたか。さすがに総本山は壮観ですね。

 団体行動は時間厳守が旅の基本ですよねえ。守れないひともいるのですね。迷惑がかかりますので、こまりますよね。

 ボルシチ、やはり本場のは愛ちゃんのお口にあいませんでしたか。
愛ちゃん
2010年05月24日 07:26
さよちん:オハヨウ!
此の大砲は一度も使われた事が無いそうだけど、1tもある球が飛んできたら・・・思っただけで、ゾォ~っとしちゃうよね?
土台のライオンの顔が辛そうで滑稽だったよ!

私が姿を消す時はメチャ忙しくて、ブログまで見たり書いたりする余裕が無い時だよ!
 今日から講習会が始まるし、昨日は一日中写真の整理で終わっちゃった?
雨が降って居たので他の事は一切しないで・・・ネ!
宮崎の件は心配だよね?
消毒液は雨で流されちゃうんじゃないかな?
畜産農家の方達の心情を思うとやりきれないねぇ~

以前、感染列島と言う映画を見た事が有るけど、改めてウィルスの恐ろしさを再確認したわ
愛ちゃん
2010年05月24日 07:35
ヒゲおやじさん:オハヨウございます。
あの時ばっかりは頭に来たわ!
寺院を出て来たら、軽快なマーチのリズムが・・・
こんな事だったらスケジュールに入れてくれれば良いのにって思ったのは私だけじゃ無かったと思いますよ?
絶対に迷子になるような場所じゃ無いだけに腹が立った

流石ロシアはスケールが違いますね?
300年も前にあれだけの技術とお金を使えたなんて・・・

食事は口に合わなかったんじゃなくて、大方の物にスメタナと言う、サワークリームみたいなものを加えて食べるのが・・・
愛ちゃん
2010年05月24日 07:44
なおさん:オハヨウ!
最初、赤の広場へ行った時にウヒャ~デカイって思ったの!
皇居前広場なんてもんじゃ無かった。

単独で行かれないから、ツアーに参加するんだからねぇ~
言語・習慣・時間・料金&治安の心配が無かったら、個人で行きたいけど・・・ネェ~?

ボルシチ自体は美味しかったけど、スメタナが好きじゃなかっただけ!
それとパンが冷たいのが嫌だった。
何時も焼き立て?又はトーストしてるでしょう?
2010年05月24日 20:32
ロシアの建物は綺麗ですね。お伽の国のようです。
40トンですか、こんな大きな大砲が作られていたんですね、使われないで済んだのは良かったと思います。
行って見たいな~
2010年05月24日 22:14
今晩は~~♪
わあ~凄い!ため息交じりに拝見しています。
愛ちゃんは、お若くお元気で羨ましいです。
でもそのお陰で、私の行かれない外国を紹介して
戴けるんですから、感謝で~す。
マロニエの花もアップで見るとまた可愛いですね。
ノヴォデヴィッチ修道院の池。
トルストイが愛した処ですか?
若いころ読んだのですが…私も行ってみたいな!!
愛ちゃん
2010年05月24日 23:28
ミニミニ放送局さん:今晩は!
本当に綺麗でお伽の世界の様な建物が多いですね?
建物の外壁は白・水色&淡い黄色を基調に建てられ、内部には金をふんだんに使って居ます。
「赤」と言うのはロシア語で「美しい」と言う意味だそうですので綺麗に整備されているのは当然と言えば当然ですね?
私達が見学して居る間にも「草むしり」をしたりして、植栽の景観を保って居ました。
此の大砲が使われずに済んだ事は本当に良かったです。
どれほどの威力が有るか?想像できませんものね?
愛ちゃん
2010年05月24日 23:37
S子さん:今晩は!
思いきって行って本当に良かったと思っています。
海外旅行は体力勝負ですものね?
「百聞は一見に如かず」とは良く言ったもので、現場の臨場感をお伝えできないのが残念です。

モスクワは丁度「ライラック」・「マロニエ」が満開で時期的にはグッドタイミングでしたが、サンクトペテルブルグはまだ蕾の状態でした。
飛行機で1時間30分離れて居ますので、緯度の差は有りますね?

ノヴォデヴィッチ修道院は息を飲むほどの美しい場所でチャイコフスキーやトルストイが愛したのも頷けますね?

2010年05月29日 13:36
愛ちゃん こんちは~
ロシアの風景写真! 良いですね うっとりです~

白夜のサクトペテルブルク!・・若いころに読んだ ドストエフスキーの「白夜」がとても好きで
白夜で彼と彼女が語り明かす恋愛にあこがれたもんんです(笑)

とても行きたいところです
愛ちゃん
2010年05月30日 22:42
テス(nosaman)さん:今晩は!
ロシアは何処へ行っても美しいし、魅力的な国ですね?
思い切って行って本当に良かったと思いました。

ピョートル大帝夏の宮殿(サンクトペテルブルグ)の庭園を散策した時に若いカップルがあちら此方で熱い抱擁をしているのが否が応でも目に入って来て・・・独り身の私には一寸刺激が強すぎちゃったみたい?(爆笑)

テス(nosaman)兄だったら・・・あの雰囲気にぴったりだったかも?

機会を作って是非いらっしゃって下さい。
ベルギーにも素晴らしい公園が有りますよ!

2010年06月14日 21:19
愛ちゃんこんばんはぁ。 
ロシアの旅はどこも素晴らしい!
昔の映画で「戦争と平和」というのがあったでしょう?
ナターシャが今にも現れそうな宮殿や建物・・・
うっとりと眺めてましたら・・ええッ?
今体調不良なの?大丈夫ですか?
どうかゆっくり休んで旅の疲れも癒してね。
愛ちゃん
2010年06月15日 11:28
けっこちゃん:今日は!
ロシアは想像通り素晴らしい国だった。
最近、左目がピクピクするので、疲労から来ているのかと思ったけどそうじゃなかったの!
ブログも閉じたいくらい、気力が無くなり・・・検査したら、脳の血管が神経を圧迫してらしいの?
昨日、慶応義塾大学病院へ行って、7月1日にMRを・・・
結果を見なくちゃ、手術するか否かは判らないけど?